きのみきのまま

その目で見つめられて・・・



昨日ホームセンターに行ってきました。用事を済ませた後、
特に目的もなくフラフラと店の中を見ていました。

そうしたらペットコーナーがあってそちらへ行くと・・・見つめられてしまったのです。

よくペットを飼っている人は「飼うつもりはなかったのだけど、
見つめられて運命を感じてしまったの」と言います。
けれども私はそのようなものを感じたことがありません。

今は何も飼っていないですが実家では犬も猫も飼っています。
犬は父親が定年になった誕生日のお祝いに、兄弟と一緒にプレゼントしました。
ですので特別な思いはありませんでした。

猫は母親が公園に行った時に野良猫がたくさんいて、
その中で愛想のいい子猫が近寄ってきたから持って帰ってきたそうです。
猫の場合は母親は運命を感じて拾って帰ってきたのだと思います。

しかしながら私はとにかく、これといった運命は感じたことがないのです。

でも昨日のその子は違いました。犬だったのですが、私がフラフラと近寄った時、
寝ていたのをパッと起き上がりガラスに顔を押し付けて私を見つめるのです。
うわあ、愛想のいい子だなあ、くらいに見ていたら、
私が動くたびにじーっと私の動きを目で追い続けます。
帰るときもずーっとこちらを見つめ続けていました。

価格、17万円。どうしよう。
その時は友達がいたので後ろ髪ひかれつつそのまま帰りましたが、
今週末再度会いにいこうと思っている私です。

彼岸花と稲穂の綺麗な季節



この時期、うちのような田舎では、ある花が、一際目立ちます。
それが、彼岸花。赤い刺激的な色をした、綺麗な花です。
畑の脇や、砂利道の脇に、ポツポツと生えてきます。
この花を見て思い出すのは、ヤングマガジンで連載されている、
彼岸島という、ホラー漫画です。
その漫画は、今週刊誌で連載されている漫画の中で、
一番グロテスクな漫画だと思うので、その話はしません(ーー;)

彼岸花ともう一つ目を引くのが、稲穂です。ちょうど収穫が始まりかけてる時期ですが、
今が一番景色としては綺麗です。
でっかい田んぼ一面の稲穂を見て、子供なら綺麗だなーと思うでしょうが、
大人になってしまった自分は
この田んぼで収穫される米全部出荷するといくらの利益になるのかなー?
などと考えてしまいます。
これと似たような話で、パンダを動物園に見に行くと、
子供は「パンダってなんで白黒なの?」とかそういう
素朴な質問をするようですが、
大人は「パンダはいくらで中国から借りてるんだぞ。パンダは高いんだぞ」とか
そんなことばかり考えるようです。

とかく大人になると、お金のことを中心に考えてしまいがちです。
でも、それは仕方ないのかもしれません。
生きていく上で、そうならざるをえないからです。
まあ、休日くらいは、そんなことも忘れて、
彼岸花と稲穂を見ながら散歩をするとしましょう・・・。